キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CAから聞いたびっくり話!満員の機内で気分の悪くなったお客様を床に寝せた!?

  • 2020.2.26
機内

空港内のコーヒーショップでパートしていた時の話です。
結構各航空会社のCAさんたちが、仕事が終わると立ち寄ってくれたりしました。

彼女たちはほとんど直帰してたんですが、時に私服に着替えてコーヒー1杯、その後帰宅ということもあったんですね。

そんな感じで仲良くなったCAさんが、ちょっと困ったけどまあ何とかなったと言う話をしてくれました。

スポンサーリンク

ヘアトニックの匂いに酔ってしまったお客様

ある便で、本当に満席だったそうです。
ビジネスも満席で、今日の飛行機は重いねなどとみんなで笑っていたそうです。

最初の食事が終わったので、席を倒して寝る人とか映画見る人など、客席内も薄暗くなった頃、CAコールが入ったそうです。

席に行ってみると女性のお客さんが、気分が悪くてと言うことでした。
吐き気などはないようでしたが、熱は微熱がありそうで、狭いエコノミーの座席はつらそうでした。

どうも隣席のお客さんの、ヘアトニックの匂いに酔ってしまったようです。
匂いに敏感な人だと、時にこういうこともあるそうですね。

でも満席状態の飛行機内部、ビジネスクラスにも空きがありません。
チーフとも相談したのですが、これ以上我慢していたらきっと彼女、吐き気もでてくるだろうということで、窮余の策を打ち出すことにしました。

楽な姿勢にするために床を利用!?

楽な姿勢と言えば、もちろん寝ることです。しかし場所がありません。

なので、ちょっと当人には申し訳ないけど、床を利用することにしたそうです。
これ、日系の航空会社なら、まずやらないでしょうね。

でも彼女は海外の、ちょっとざっくばらん系の航空会社に務めていたんです。

実際にどうしたかと言えば…

最後列の中央の座席と壁の間、少々のゆとりがあったんだそうです。
なのでその席に座っている人たちがリクライニングしても、床には何とか寝るだけのスペースが確保できたとのこと。

そのため、その床にCAが利用する毛布を敷き詰めて、当人にもそれで構わないかと了承をとって、寝てもらったそうです。

まあ実際、床の寝心地はよくなかったでしょうが、少なくとも身体は休めるし、匂いからもとりあえず逃げられたので、そのお客さんの気分は何とかキープできたと言います。

結局最後までそのお客さん、そこに寝たままで飛行してそれなりに休めたと言う事でした。

実は後部のトイレに近いので、トイレに行く人がびっくりしたり、その歩きでホコリが立ったりするのが心配だったそうですが、匂いよりマシと当人が言ったそうです。

長距離の飛行では流石にできなかったけど、近距離というかちょっと短めの中距離飛行だったので、こうした事もできたと言います。

まあ寝ていた女性も大物、それを提唱したチーフも大物と、そのCAさんが笑っていたのは当然かも知れません。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る