キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CA(客室乗務員)編!どんなことでストレスがたまる?ストレス解消のコツ

  • 2020.8.4
CAストレス

CAは心身ともにハードな仕事です。
身体は気圧で負荷がかかる上、立ちっぱなしで脚はパンパン。

けれどもやはり精神面でもうまくストレスと付き合わずしてCAは務まらないと強く思います。

今回はCAのストレスに関してお話ししていきます。

スポンサーリンク

どんなことでストレスがたまる?

常に気が張りつめた状態で仕事をしていますので、それだけでストレスが溜まります。

お客様はリラックスされているか、困っていたり不便を感じている方はいないか、お客様の満足に繋がるアイデアはないか、不審な乗客はいないか、体調不良のお客様はいないか、もしいた場合その処置はどうすべきか、事故に繋がる要因はないか、もし事故があった際はどのように対処するか、○分後にベルトサインが点灯するとしてそれまでにサービスを終わらせるためには…等々。

上記のことだけでなく、CAは常に色々なことに気を掛けて動いています。

またそれに加え、意図したことがうまく運ばなかったり、他のクルーとのコミュニケーションがうまくいかなかったり、ストレスの要因は多くあります。

クルーとの相性もストレスに…

CA

私の場合、そのフライトのクルーメンバーも重要な問題の一つでした。

当然メンバーを自分で選ぶことはできませんが、相性の良い先輩・同期・後輩と一緒にフライトだといつも以上のパフォーマンスができたり、逆にどうしても上手く付き合えないクルーと一緒だとストレスで妙な失敗をしてしまい叱られ、またそれがストレスに繋がるといった具合でした。

少し余談になりますが、メンバーを選ぶことはできないと申しましたが、外資系のエアラインではフライトをクルー同士で交換すること(スワップと呼びます)ができる会社も存在します。

メンバーを理由に交換することはあまりよろしくありませんが、私の二社目に入社した外資系LCCでは実際そのような理由でのスワップも行われていました。

ストレス解消法は?

解消法はそれぞれ異なると思います。

アクティブな友人だと、外地ステイの際はその土地ごとのグルメを楽しんだり、少し遠くまで観光やショッピングに出かけたりすることでそのフライトごとにストレスを解消していました。

また、早朝フライトから帰ってシャワーを浴びてすぐにジムで汗を流し、ネイルサロンに行き、料理教室に行き、フットサルに合流し、と忙しなく動くことがストレス解消になるという屈強な先輩もいました。

私の場合はあまり外向的なタイプではありませんでしたので、家に帰って十分な睡眠を取ること、近所のレンタルショップでDVDを借りてきて、ステイの際にゲットしたお酒とおつまみを自宅でゆっくり楽しむことが何よりの癒しでした。

ストレスは当たり前ですが、感じるポイントも解消の仕方もそれぞれによるところが大きいと思います。

私はのんびりした性格ですのでゆっくり過ごすことで解消する方法を取っていましたが、私の経験した会社のクルーの7割ほどはアクティブなタイプが多く、オフの日でも精力的に活動している方が多かったように思います。

今から自分がどんなことにストレスを感じやすく、何をすることが癒しになるか探しておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る