キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CAにモテる男性とは?こんな人はポイントが高い!BEST3

  • 2019.2.21

ずばり、今日はCAにモテる男性について推敲してみましょう。(偉そう?)

はじめに申し上げておきます!
独断です。クレームは一切受けつけることはできませんので、悪しからず~!

CA受験対策に疲れたわ!というそこのあなたの息抜きのために捧げます!
どうぞリラックスしてお読みくださいませ♥

スポンサードリンク

偉ぶっていない男

え!
何この筆者!偉そうな男を好きな人なんているわけないじゃないって思いました?

ですよね~。
いやいや、でも最後まで聞いてください。

飛行機って結構、人間性が出る乗り物なのですよ。
なぜでしょう?
密室だから?移動は無意識にも身体を酷使しているから?非日常の空間だから?

どれもYES!
だと思うのですが、男性に限っていいますとね、ステイタスを振りかざすことが出来る場でもあるのですよ。

搭乗においても、カードのステイタスが高い方から飛行機に乗り込むことが出来る。
ファースト・ビジネス・エコノミー。顕著に分かれるクラスと扱われ方の差。
ややこしいのが、エコノミーだけど実はお偉いさんってパターン。

「挨拶に来るのが遅いんだよ」ってクレームしてきたり、ムスーっと不機嫌になってしまうおじさまも。

注)ある一定のステイタスのカードをお持ちのお客さまには、搭乗御礼の挨拶をなるべく早い段階で担当CAがする必要があります。

「○○様、いつもご搭乗ありがとうございます。
本日担当いたします~でございます。どうぞよろしくお願いいたします。」ぺこり
というように。

そのような中、ご自身でスーツケースを上の棚に上げ、穏やか~に座っていらっしゃる方、搭乗御礼に伺っても「いえいえ、こちらこそよろしく。」と謙虚な方はポイント高しです。 

コミュニケーション能力の高い方

何も面白おかしく会話が出来なくてもいいのですよ。
饒舌であることは求めていないです。
ただ、会話のキャッチボールが上手い人のことは好きですね。

なぜなら機内では一人に対してじっくり時間をかけることが出来ないシーンも多いです。

基本的にCAは察するプロではありますが、寡黙すぎたり、黙ってコミュニケーションを図ろうとせず「こっちの言いたいことは気づいて当たり前だろう」というスタンスの方はやりづらいです。

国内線ならまだそれでもいいのですが、国際線でビジネスクラスとなると、信頼関係をいかに築くかが要となってくるのですね。

例えば、機内食はビジネスクラスとなるとグンと内容もグレードアップするのですが、時折皆様のご希望が偏り、ご希望に沿えないなんていうシーンも出てくるんですね。

そのようなとき
「うわ~残念だな!和食もう無いの?久しく日本食食べてないから恋しくてさ~。」
とストレートに言ってくださるとしましょう。

「○○様、申し訳ございません。長らく出張に出られていたのですか?
それは日本食恋しくなられますよね・・・」涙

「そうなんだよ~。」

「それでしたら、到着前にご用意させていただく朝食は必ず○○様のために和食をご用意いたしますね。焼き魚にお粥をご用意いたします」

「お!ありがとう。」

「また、日本がお久しぶりでしたら、アラカルトメニューでご用意しておりますカレーやラーメンもいつでもご用意しますのでおっしゃってくださいね。」

などと会話を広げることが出来ます。

それが、コミュ力が乏しめな方の場合だと・・・

「和食で。」

「○○様、申し訳ございません・・・(ないことを謝罪)」

「・・・(ムス~)」

「楽しみにしてくださっていたのに申しわけないです。あっさりしたお食事をご希望でしたでしょうか」

「いや、別に」

「・・・(めちゃくちゃ不機嫌なんですけど)」

このように、なかなか本心がわかりづらい方はやりづらいです。

空気が読める男

これは飛行機に乗り慣れているか、いないか、にもかかわってくるのですが、「今!それを!頼むか!!!」という絶妙なタイミングで注文をされる方っていらっしゃるんですよね。

空気が読める方は注文もスマート。

「手が空いたらでいいんですけど、お水もらえますか?」
(だいたいイケメン)

「はい、かしこまりました♡」
(すぐ持っていきます)

羽田=伊丹
などの短距離路線&満席フライトでは機内販売にゆっくり時間をかけることは出来ません。

そんなとき、到着間際や機内サービスが佳境!となってから「機内販売なんだけど・・・」と言われるより、搭乗してすぐに「今日機内販売の~を買いたいんだけど」と言っていただけると、わかっていらっしゃる♥と思います。

搭乗時は、CAも荷物収納やお客様に不審者がいないか、体調が悪い方はいないか、お子様連れにおもちゃを配るなど、忙しいは忙しいのですが、ゆとりがあれば搭乗時に機内販売の対応をさせていただくことが出来ます。

また、そのときできなくても、事前の申し出はありがたいという理由があります。

「15Aのお客さま、機内販売ご希望です。ベルトサインが消えたら私準備します。」

「では、私は準備が出来次第ドリンクサービス開始しておきますね」

「私は毛布とお子様のおもちゃ配り終えていないところにいきますね」

このようにCAの間でも役割分担できるからですね。事前の申し出はとってもありがたいものなのです。

いかがでしたか?
モテの要素は沢山ありますが、今回は機内のシーンに焦点を当ててみました。

男性も女性も、モテる要素がある人は、総じて「相手を思いやる気持ち」が根底にあるのだと思います!

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る