キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CA・GSは不規則だから睡眠不足で太る!?7~8時間睡眠で痩せ体質に!

CAやGSなど航空業界で働いている人は、不規則な生活で根本的に寝る時間が少なくなったり、美容のゴールデンタイムと言われる時間帯に寝ることができないなんてこともあるでしょう。

最近太っちゃって・・・という原因は睡眠不足かもしれませんよ!

スポンサードリンク

睡眠不足が太る原因って本当?

海外の研究で、7~8時間寝ている人は、肥満度が一番低い結果が出たそうです。
長く寝すぎても、少なすぎても肥満度は高くなるとのこと・・・

5時間睡眠をとる場合、肥満度が50%アップ、4時間以下の場合だと73%肥満度が上がります。

これは、約2万人の日本人男性を対象にした健康診断のデータからもわかっています。
平均睡眠時間と肥満との関係を調べたら、5時間以上寝ている人より5時間未満の人の方が肥満になりやすいんですね。

睡眠時間が短いとなぜ太る?

睡眠時間が短くて太ってしまうのは、レプチン・グレリンというホルモンが関わっています。

レプチンは食欲を抑えるホルモン。脂肪細胞が分泌しています。
グレリンは食欲増進の働きがあり、胃から作られるホルモンです。
このふたつのホルモンのバランスが崩れるとダメということです。

睡眠時間が短い場合、レプチンが減ってグレリンが増えます。
ということは、食欲を抑えるどころか食欲増進してしまうということです。

具体的な数値でいうと、5時間睡眠の場合、8時間睡眠の人と比べて、レプチンが16%少なく、グレリンが15%増えてしまいます。
食欲を抑えるホルモンが減り、増進するホルモンが増える・・・
こういう生活を続けていけば、太りやすいと言えます。

高カロリーの食物を好む傾向も睡眠不足が原因かも

しかも、グレリンは高脂肪・高カロリーを好む性質があります。
睡眠不足だとやたらとこってりしたものやスイーツを食べたくなることがありますが、このホルモンが関係しているのです。

食欲が抑えられない、最近太ってしまって・・・
そんな方は、睡眠時間が不足したりしていませんか?

美肌のためにも、ダイエットのためにも、7~8時間寝るようにしてみましょう。

不規則な生活だからできないなんて言っていたら、いつまでも身体の色々なことで悩むばかり。まずは、しっかり寝ようと思って工夫することが大切です。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る