キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

職種紹介:客室乗務員(CA) 華やかであると思われている裏側の実態とは?

客室乗務員の一般的なイメージは、ドリンクや食事を提供するサービス要員、グッズ等の機内販売を行うセールス要員であると思いますが、実は別に重要な役割を担っています。

スポンサードリンク

CAには保安要員という重要な役割がある

その重要な役割は保安要員です。
保安要員とは飛行機事故や機内での安全に関わる阻害行為を未然に防ぐ為に機内監視を行う事と、安全に関する措置を行う事です。

CAの中には保安要員であるが故に、鼻高々に私がいないと安全に飛行機を飛ばす事はできないと思っている人がいます。何か勘違いをしているのではないかと思ってしまいます。保安の確保はCAの仕事なのに。

そして安全の意識がある事は良いことですが、その意識が強すぎて、時にはお客様を不快にさせてしまう事もあります。

強すぎる安全の意識のため、クレームがくることも!

飛行機の中でCAがよく「シートベルトはお締めでしょうか?」と問いかけてくる事を耳にすると思いますが、上着を膝にかけているお客様に対して、シートベルトを締めているか、わざわざ目視で確認するまでその場を離れない事があります。

安全の意識が高すぎて仕事の事しか考えていないのでしょう。

お客様が不快にされている顔を拝見することがあります。
後々、社内のご意見窓口へクレームが挙がる事もあります。

とは言ってもCAも間違った事をしているわけではありませんので、クレームを頂いた時は落ち込みますが…

皆クレームを糧にして成長しているので、後々クレームはありがたい限りだと思えます。私は落ち込みから立ち直るまでに時間がかかりますが。

先輩との人間関係や厳しい訓練を乗り越えて…

新人CAは先輩から指導を受け、涙している場面をよく見かけます。
先輩からは、泣くのはずるいと言われていますが、それでも立ち直れない時は仕方ないと思います。私はいつも見守っているだけで、何もできませんでした。

CAはフライトするまでには、様々な訓練を受け、客室乗務員と飛行機の機種毎の資格を取得して、初めて乗務することが出来るようになります。

表向きは華やかな職業に見えますが、華やかの裏側には厳しい訓練を経ている事と保安要員が第一である事を知っていただきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る