CAは人気の職業…結婚しても続ける?続けられる?

客室乗務員(CA、キャビンアテンダンド)は人気の職業の一つに挙げられることが多いです。
その理由に、CAになることが難しいという要因があります。

スポンサードリンク

憧れの職業に就けて心に誓うけれど…

最近は、LCCや外資系航空会社の日本人CA求人が増えたため一昔前よりは簡単になれると言われていますが、会社によっては倍率が100倍を超えるところもあります。
採用人数50人に対して応募率が1万人くる場合もあるのです。

そんな中勝ち進みようやく内定をゲットした方々は、入社日に心に誓うのです。
一生ここで働く!結婚しても頑張って続けよう!と。

しかし、数年たち仕事にも慣れてきた頃、現実に気づくのです。
不規則な生活に体はボロボロになり、肌も土偶のようにガザガザ・・・。
早く結婚して旦那様に養ってもらいたいと。

結婚後は甘い生活とはほど遠い?


そして、白馬の王子様と出会って結婚すると、全く旦那様と会えないすれ違い生活に、喧嘩も耐えなくなってくるのです。

旦那様も結婚前は…

CA職って大変なんだ!
でも、世界中飛び回っていてかっこいいな。
俺の彼女がCAなんて友達にも自慢できるし、俺が支えてやらなくちゃ。。。

こんな風に献身的に尽くしてくれていたのに、いざ一緒に生活してみると、妻が2〜3日いないことはざらにありイライラし出す旦那様。

結婚や出産を機に退職したくなる


そんな旦那様の顔色を伺いながら早朝こっそりと家を出て行くのです。
後ろめたいことなんて何もしていないのに・・・・

そんな時ふっと思うのです・・・。
結婚したし、妊娠出産を考えるとこのまま家庭に入って旦那や子供の為に生きるのも悪くないかな・・。

結局、結婚や出産を機に退職するCAが続出するのです。
結婚後も奥様がCA職を続ける場合、相当理解のある旦那様や協力的な実家の両親を持たない限り二足のワラジはきついのです。

それでも両立して続けている40代、50代の先輩を見ると心から尊敬します。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る