今までに出会った事のない気前の良い上司

私が航空会社に入社して、最初に配属されたグランドスタッフの部署で、今までに出会ったことのないほど、気前の良い上司がいました。

私の配属されたグランドスタッフは、総勢200名を超える部隊で、その200名を3班に分けて勤務していました。

気前の良い上司は、最初は私とは別の班で、顔は見たことがありましたが、話したことがなく、噂だけ聞いていました。その噂は、その上司と休憩が一緒になれば、必ずご飯をおごってくれる事と、上司から用事を頼まれた時は、必ずお駄賃を頂ける事なのです。

スポンサードリンク

入社して2年目に同じ班に!

私はその現場を見たことがありませんでしたので、半信半疑でしたが、同期の皆が口を揃えて、今日もご飯をおごって貰ったと報告するのです。

正直羨ましい限りでした。
そして、同じ班にならない限り、私には無縁の事だと思っていました。

しかし、入社して2年目に班替えがあり、何とその上司と同じ班になったのです。当時、まだ若い私には、給料が少なく、おごって貰えることに凄く期待していました。

ある日、ようやく休憩が一緒になる時がやってきました。
ラッキーと心の中で何度もつぶやき、声を掛けてもらえる事を楽しみに待っていました。

思いもよらぬお駄賃にホクホク


しかし、その上司は、急ぎ足で何処かへ行ってしまったのです。
えっ。何で?皆の話と違う。と、がっがりした顔をしながら一人で社員食堂へ行きました。

今思えば、がっかりするなんて失礼な話ですが、当時は他力本願というか、甘っちょろい若者でした。

一人で食事から戻り、業務へ入ると、その上司が私に、この仕事やってくれないかなと、頼み事をされたのです。気分の乗らない私でしたが、渋々やることに。

すると、忘れていたお駄賃が目の前に差し出されたのです。
思いもよらないお駄賃に、思わず笑みがこぼれてしまいました。

儲かっているから気前が良いらしい

それ以降、休憩が一緒になる時は、本当に毎回おごってもらえるので、驚きの連続でした。

それにしてもこれだけ気前が良いと、何だか怖いので、どうしてこんなに皆におごったりするのか聞いてみたところ、「儲かっている」の一言でした。

噂では、自社株を所持しており、給料には全く手をつけていないとか。
本当に気前の良いと言うか、良すぎる上司でした。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る