キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CAがステイ先で食べてはいけないもの

CAの仕事の魅力に世界中行けること!がありますが、確かに物凄く恵まれていると思います。

世界遺産を見に行ったり、ヨーロッパでショッピングにあけくれたり、砂漠のど真ん中でラクダにのったり、リゾート地でマッサージに癒されたり、美味しいご飯とお酒を堪能したり♥

しかし、CAがステイ先で絶対に食べてはいけないものもあるのです!

スポンサードリンク

ステイ先で食べてはいけないものとは?

それは、魚介類など生のもの。
特に衛生上良くない国では絶対口にしてはいけません。

長いフライトと理不尽なお客様の要求に耐えたご褒美でステイ先に着いた途端解放されてしまう私たち。
CA1年目の年、久々同期フライトでテンション上げ上げの私たちはステイ先ではじけていました。
そして、ビーチ沿いにあるおしゃれなレストランを発見!

イケメンウェイターに誘われるがままテラス席に案内されキャンドルの温かいライトの灯と波の音、白ワインにオイスターセットを頼んでしまったのです。
これが悪夢の始まり・・・

当然、白ワインとフレッシュなオイスターの濃厚さがマッチしとろけるような美味しさ♥
ここは天国ですか?ばりに極上の癒しを得て明日のロングフライトも頑張れそうー!なんてはしゃいでいました。あの時は・・・・

耐えられない体調の悪さに


早朝、なんだか胃が痛いなーと思いつつ昨日のアルコールの影響で腸も緩くなっているのかしらなんてお気楽にかまえブリーフィングに参加。

機内登場してから腹痛の波が徐々にやってくる、波が押しては引いて・・・押しては引いて・・・
昨日のビーチサイドの心地のよい波とは大違い。

まるで台風時の大波。荒狂うかのように痛みという名の波がズンズン突き上げてくる・・・・
それでもお客様には笑顔でお出迎えせねばならず、トイレも長蛇の列。。。

「あ・・・・このフライト死んだ」と心で思いつつ離陸しました。
揺れがお腹に響くし辛い、そしてその日は天候も最悪。
揺れる揺れる・・・。その揺れのせいか吐き気まで催し冷や汗が出てくる・・・

離陸後30分、ついに耐えられなくなりパーサーに体調の悪さを訴えます。
その日、クルーが多めに働いていたお陰でクルーレストで休ませてもらえることになりました。

診察の結果は食あたり

そして、成田に到着するや否や成田のクリニックに駆け込んだのです。

昨日の牡蠣の食あたりではないかとの診察。
そして、客室部長と先輩にこっぴどく叱られ、社内メールでステイ先の過ごし方やNG食べ合わせなるものが発行されたのでした。

ただ、一緒に食べた同期ちゃん3人は何もなく私だけお腹を壊すなんて・・・(泣)
その時の体調などもあるとのことだったけど、その一件以来ステイ先ではどんなに美味しそうな誘惑があっても生のものは口にしないようにしています(笑)

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る