キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

オーストラリアに留学して感じた日本の良い点、悪い点

海外に行った際に、文化の違いで驚くことが多々あります。

日本人目線でついついその違いにびっくりして「おかしい」と思ってしまうことがありますが、逆に日本人も見習っていきたいことも多々あります。

スポンサードリンク

きめ細かなサービスと配慮は日本人ならでは

オーストラリアに留学して発見した日本の良い点と悪い点について説明します。

まず日本の良い点は、どんな業種でもサービスがきめ細かいという点です。

例えば、オーストラリアでは郵便物などは全ての物がドアの前にドサっと置かれます。
例えそれが銀行からの請求書など重要度が高いものであったとしてもです・・・
日本ではありえません。

また洋服を買いに行った時には、店員さんは服をキチッと畳むことなく適当に小さくして袋に入れお客さんに渡します。お客さんも別に気にはしていないようです。

これが日本であれば店員さんは完璧に畳むのが当たり前ですしお客さんもそれを期待しています。

全体的に日本の、特に接客業ではお客さんに対して常にちゃんとしたサービスを提供するのが当たり前であるとされています。もし何か不具合があった場合には店員はすぐに謝りお客さんを不愉快にさせないことが良しとされています。

このきめ細やかなサービスは日本人にしか出来ないものではないかと私は考えます。

他人に寛容なオーストラリア人、ミスに厳しい日本人

次に日本の悪い点についてです。
それは他人のミスに対して寛容ではないということです。

上でオーストラリアの接客について述べたように、彼らのサービスは時に適当です。

しかしお客さんもそれを当たり前と思っているのです。
例えレストランの店員が誤ってテーブルの飲み物をこぼしてしまったとしても、多くのお客さんは「it’s ok! (気にしないで!)」と言ってくれます。

もしこれが日本だったらどうでしょう。
多くのお客さんが店員に対して謝罪を要求しますし、店員側も責任を感じたりするでしょう。いくらうっかりした仕方のないミスだったとしても、仕事ですからそれなりの対応を求めるわけです。

もちろん、オーストラリアのように「気にしないで」という対応をとる日本人も数多くいます。しかし、それが普通であるオーストラリアとは違い、日本ではその人がいいお客さんだったから良かった・・・ということになります。

これらの体験から、私はオーストラリア人のおおらかで他人に寛容な国民性を日本人はもっと身に付ければ良いのにと思っています。
そうすれば日本はよりストレスの少ない住みやすい国になると思います。

以上オーストラリアで発見した日本の良い点・悪い点でした。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る