キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

留学するならどの国がいい?英語力をアップさせる人気の留学先とは

CAを目指している方の中には、英語力アップのために留学を考えている方もいるのではないでしょうか。

留学とひとことで言っても、短期留学・長期留学・ワーキングホリデー・ホームステイなど、海外に滞在する方法は様々です。また予算によって決めたいこともあるでしょうし、留学する季節によっても留学先は変わるでしょう。

今回は、実際に留学する予定の方、留学した経験のある方に人気の国をご紹介します。

スポンサードリンク

アメリカ

英語といえば、やっぱりアメリカへの留学はダントツ人気です。
それは、世界で英語と言えばアメリカ英語だからですね。
移民の国である上に、世界中の留学生が集まる事もあり、アメリカだけではなく仲間や友達になった人々の国の文化にも触れることができます。

留学生を受け入れる体制も整っているのもポイントは高いです。
ただし、治安に不安を覚える人も多いので、留学する都市や地域はよく考えましょう。

カナダ

カナダというと、大自然というイメージがありますね。あとは移民の国でもあるので、留学生がなじみやすいため、のびのび生活できるというのがメリットでしょう。

そして、語学留学を受け入れる環境が整っているのも人気がある理由です。
ホームステイを受け入れてくれるご家庭が多かったり、英語学習ができる学校も多いです。

また、都市によって環境がガラッと変わるため、目的に合わせて選べるというのもいいですね。
例えば、ケベック州であればフランス語圏のため、英語だけではなくフランス語も学ぶことができるでしょう。

イギリス

英語といっても、国によっては発音が違ったりします。アメリカ英語とカナダ英語は似ているといいますが、イギリス英語の場合はちょっと違いますから、普段英語はわかると思っていても、イギリス人の言っていることはわからない・・・なんてこともあるわけです。

日本人の場合、映画などの影響からかアメリカ英語に慣れていますから、ある程度英会話がわかるという方はイギリスを選択するのもいいですね。

環境的なことでは、国の位置によりヨーロッパからの留学生も多いです。そして、自らもヨーロッパに出やすいということですね。様々な国の学生と一緒に学び、他の諸国にも足を運んで学んでみたいという場合には最適な国でしょう。

オーストラリア

オーストラリアは、外国人学生の受け入れを強化したり、移民を受け入れてきたという歴史があります。そして、もっとも日本人が安心して選ぶのは、治安の良さによる「安全な国」というイメージがあるからでしょう。

日本に住んでいると、どうしても海外は治安が心配になりますし、日本と比べてしまうと安全な国とは言えなくなってしまいます。しかし、オーストラリアは銃の規制も他の国と比較して厳しいですし、ホームステイを受け入れる家庭のチェックも厳しくされているので安全な国と言えるのではないでしょうか。

また、大自然に恵まれているのも大きなメリットです。

フィリピン

ここ数年の間に人気があがったフィリピン留学
費用の安さとマンツーマンレッスンが受けられるということで人気があがったらしいですね。他の国でマンツーマンレッスンを受けようと思ったら、留学費用がさらに高額になるので、これは大きなメリットと言えるでしょう。

日本から近いというのも費用の安さのひとつです。

そして、フィリピンには他に公用語があるにも関わらず、英語力は高いのです。

ただし、治安が良いとは言えない都市があるので注意は必要です。
首都マニラは治安が悪いため、避けた方が良いでしょう。

ニュージーランド

ニュージーランドというと、「羊」と思い浮かべるぐらい、大自然に囲まれているイメージがありませんか?
治安が良く安全というのも人気の理由のひとつです。

オーストラリアとよく似ていて、どこが違うの?と思ってしまうほどかもしれません。どちらも自然やフレンドリーな方々に囲まれて生活できるというのは同じですが、気候や物価が違いますから、留学する違いをよく考えることが大切でしょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る