キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

わたしは見た!パート① ちょっと引いてしまった受験生

引いてしまった

もう、タイトル打っているだけでも頬が緩んでしまうのですが、いきましょう。

家政婦は見た!ばりの、私がたまに書くシリーズですよ。
え?家政婦は見た!を知らない?
そんなジェネレーションギャップをここで出してくる方は「市原悦子 家政婦は見た」でググってください。

最近エアライン募集が立て続けにありましたね。
オリンピックに向けて豊作ですね~。

豊作ですね~って呑気に聞こえていたらすみません、私も真面目に皆さんのサポートをしている日々です。

スポンサーリンク

CA受験は成長できるチャンス

ほんと、受けていらっしゃる方は大変ですよね。
選考に進めるか、結果次第で一喜一憂。準備と本番でヘトヘトになりますよね。
わたしも昔既卒受験でCAを目指している時そうでした。

でもですよ、CA受験をしている時ってあとから振り返ると一番成長していたと思います。
こんなに成長できた時ってないと思うのです。

身だしなみを整え、自分史上おそらく一番美しい状態を目指し、語学力も磨き、ESを書くために自分の今までを振り返り、自分の長所と短所と向き合い・・・

ちなみにCAに挑戦したくても出来なかった人って沢山いるのですよ。

その年に募集がなかった人たちです。
私の義理の姉はTOEIC900点を超えホテル勤務をしていたホスピタリティ溢れる女性ですが、新卒の年にエアラインの募集がなかったそうです。
既卒でも20代の頃は募集がなく・・・

そんな年代の人たちもいるので、こんなにも門戸が開かれていて幸せですね!
チャレンジ出来ること自体ありがたいことです。

スポンサーリンク

で、本題ですが、私は今回も様々なネットワークを駆使し聞きましたよ。
面接会場にいた引いちゃう受験生!!!

ここのサイトを見てくださっている方にはこれからご紹介するような方いないと思うのですが・・・
一応チェックしておきましょうか。

で、自分が大丈夫だったら周りを見て、同じくエアライン受験しているご友人でこうなっておたらそっと教えてあげましょう。

「それ、やったらアカンやつ・・・。」

受験は蹴落とすものじゃないですよ。
優しい方が受かりますから・・・笑

①汗だくでスーツケース持って登場女

あ、女だなんてなんかすみません。女性ですね。
これは新しく設立された日系LCCの面接にて目撃情報が寄せられています。

面接会場にヒーヒー言いながらスーツケースを引いて現れ、「これから面接終わったらフライトなんですう!」と話していたようです。

経験者採用枠と未経験者採用枠があった会社ですが、経験者採用枠は現役CAも多かったようですね。特に外資系。

面接官の方は優しくスーツケースを置く場所を促していらしたそうですが、出来ればスーツケースはロッカーに預けましょうよ。
慌ただしく登場する方は、実際に働きだしてもギリギリに出社するのかな?と思われてしまいますよ~

②知り合いを見つけたら手を振りまくってコンタクトを取る男性受験生

私の経験に基づくイメージですが、男性客室乗務員の方って物腰が柔らかな方が多いです。
女性社会の時にトゲトゲしそうな場でも男性CAが一人いたらそのチームは和んだりします。

これも①と同じ企業の面接にて。
選考には現役CAの受験生も多かったようですが、その男性はアジア系のエアラインにお勤めの方で面接会場に同期の方が数名受けに来ていたそう。

「○○ちゃ~ん!」
「○○ちゃんも受けに来てたの~?」

知り合いを見つけるたびに手を振って愛想良く挨拶していたそう。
しまいには「僕の同期なんです~!」と周りの受験生に紹介していたそうで、何が気の毒って見つけられちゃった同期の方々よ。

採用担当者もいる控室で、他社の現役CAと周囲に知られたくない方もいるでしょうに・・・

知り合いに会っても、(あ、受けに来てるんだ!)(頑張ろうね!)と軽い挨拶がスマートな対応。
知り合いがいると安心して盛り上がるのもわかりますが、気を付けましょう~。

まだまだいます、個性豊かな受験生たち。
次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る