元CAの退職後の転職事情。PCスキルは必要!?

4年間、海外在住の外資系航空会社のCAとして働き、結婚を機に日本での生活のためCAを辞めました。日本に帰国してから転職活動をしたのですが、希望の職種に転職できるまで苦労したので、その時のことをご紹介します。

スポンサードリンク

事務系の転職は厳しかった

日本で新しく就職先を見つけるために様々な業種の事務関連の仕事に応募しました。

しかし、大学卒業と同時に航空業界に就職したため、事務としての実務経験がなく、WORD・Excelスキルも実務としての経験がないため、どこの企業でも中途採用は即戦力が欲しいため採用は難しいと面接の際に言われてしまい、思うように就職先が見つかりませんでした。

元CAということで、周りをみると接客業(販売員等)や英語の教師、マナー講師等の仕事は一般職(OL)よりは転職しやすいようでした。

同期の中には大手外資系ブランドの販売員に転職した人も数名いますが、やはり、シフト制ということもあり月~金曜日の仕事でアフター5やアフター6を充実させているOLにちょっと憧れを抱くこともある言ってました。

まずはPCスキルをあげることから…

私の場合、まず初めに派遣会社に登録をしました。
大手の派遣会社は登録の際におそらくPCのスキルテストがあると思います。

そのテストで自分のPCスキルを確認できたので、スキル不足だったExcelを仕事で使いこなしていた父親に教えてもらったり、本やインターネットから独学でExcelのスキルを上げました。半年もしないうちに、表計算、VLOOKUPやおそらく一般事務で使うようなExcelスキルを習得しました。

Excelがほぼ問題なく使いこなせるようになった時、タイミングよく国内の某航空会社の事務職の契約社員の募集を見つけ、すぐに応募しました。

面接の際に、事務としての実務経験がなかったため中途採用は難しかった、PCスキルを独学で上げた等を話したところ共感していただき、契約社員という形ですが無事に就職が決まりました。

CA以外の仕事に転職したいならPCスキルは必要

私の同期はほとんどが他社のCAに転職する子がほとんどでしたが、私のように平日のフルタイムでの事務職を探している子はみんな転職先がなかなか見つからないようでした。

CAとして働いているうちは、Excelを使いこなして仕事をすることは少ないと思いますが、もし、普通のOLのような仕事がしたいと考えている方はCAで働きながらスキマ時間でもいいので、少しずつPCのスキルアップをしていくことが少しでも早く転職先を見つける1歩だと思います。

また、タイミングが合えば、私のように同じ航空業界の一般職の募集に巡り合えることもありますので、求人情報を常にチェックすることが大切です。

転職先が見つからないと本当に挫折してしまいそうになると思いますが、努力したことは絶対にいい結果に結びつくと思うので諦めずに自分を信じて、自分なりに少しでも企業で役に立つことができるように転職したい職種に必要なスキルを磨いてください。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る