CA(客室乗務員)に多い病気【1】 航空性中耳炎とは?

どんな仕事にも職業病と言えるような病気があるでしょうが、CAに多い病気というのもあります。その中のひとつが航空性中耳炎です。

スポンサードリンク

航空性中耳炎とは

飛行機の離陸や着陸はもちろん、山に登ったり高層ビルのエレベーターに乗った時などに、耳がおかしくなることがあります。
これは、急激な気圧の変化で起こります。

この気圧の変化で起こる中耳炎を航空性中耳炎と言います

気圧の変化による耳の異常は、なんか変な感じがするという方から、辛いと思うほどの痛みを感じる人まで症状は人それぞれです。
飛行機に乗るとこうなるよね~などと甘く考えないよにしましょう。
油断して航空性中耳炎になると辛いものです。

CAの場合は仕事のため気圧の変化と耳の異常を繰り返し感じることになりますから、航空性中耳炎はCAに多い病気なのです。

航空性中耳炎の症状

航空性中耳炎になってしまうと、どんな症状があるのでしょうか。

  • 耳の奥に何か詰まっているような感じがする
  • 耳鳴りがする
  • 耳が聴こえにくくなる
  • 頭痛がする
  • めまいがする
  • 耳がキーンと痛くなる

仕事のために毎回気圧の変化を受け続けると、どうしてもなりやすいと言えますが、体質の問題でなりやすい人もいます。アレルギー性鼻炎など鼻の病気を持っている人はなりやすいです。

航空性中耳炎の予防方法

授乳
気圧の変化で耳に圧迫感を感じたら、あくびをしたりつばを飲み込んでみましょう
耳管(じかん)の圧が開放されます。
飲み物を飲んだり、飴をなめるのも効果的です。

赤ちゃんの場合は、気圧が変わるであろう離陸時などに合わせて授乳したりするといいですね。飛行機という狭い空間の中で赤ちゃんに大泣きされてしまうとCAはもちろんお母さんや周りの方々も困りますから、覚えておきましょう。

そして、飛行機に乗る前から体調管理はしっかり!!
普段の状態なら問題ないはずなのに、風邪をひいていて耳まで痛くなったとならないように!

慢性の鼻炎などがある方は、医師に相談して薬をもらっておくのもよいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る