キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

ホットヨガでダイエット&ストレス解消!忙しいCA(客室乗務員)に最適

CAは、強いストレスを感じやすい仕事です。
さらに、体型を維持するべきなのに、太りやすい環境で働くため、ダイエットも常に考えておかなければなりません。

そこで今回おすすめするダイエット方法はホットヨガです。
体型をキープしながらストレスも解消できるのでおすすめです。

スポンサードリンク

ホットヨガで体を温める!汗をかいて美容効果発揮

ヨガというと、美容にも健康にも良いというイメージがありませんか?
実際に効果が高いと言われています。

そこにさらにアレンジが加えられたものがホットヨガ。
今は、幅広い年代の人から人気があり、予約がとれないスクールも多いそうです。

ホットヨガという名前から、温かいのかな?と想像できますね。
この体を温めるというのがとても良いのです。

ホットヨガは、室温と湿度が保たれた部屋で行います。
室温は38度~39度程度、湿度は60~65%程度で、これは筋肉をほぐすにはとても適している環境なのだそうです。

(スタジオによって環境は多少違います)

汗はかきますよ~、38度以上ですから。
夏に今日は38度だって・・・などと聞くと、うんざりって思ったりするでしょう?
そこでヨガをやるのだから、汗はすごくかくわけです。

その状態が、ダイエットにも美容・健康のためにも良いと言われています。

最近は、どの季節のどんな場所でも冷暖房が完備されていて、寒さを感じたり汗をかくことが少なくなっています。もちろん仕事によっては暑い中でダラダラ汗を流して働かなければならない環境の方もいますが、汗をかかない・・・かけない人が増えているのです。

快適な環境に体がどんどん慣れてしまうと、汗をかいて体温調整するなどの自力で身体能力は低下してしまいます。新陳代謝も悪くなりますから、それが原因で太ってしまったり、冷え性になってしまったりと、良いことがありません。

単純な汗をかくということが、体の適応能力や新陳代謝を高め、よい効果を発揮するのです。

ヨガとホットヨガの運動効果

ヨガはご存知の通りインド発祥の運動。
もともとは、激しい運動ができない人や病気の人がいかに元気でいられるか、健康を維持できるかと考えられて作られたそうです。

そのため、激しい動きはあまりないですよね。
しかし、運動効果はかなり高いです。

実際、私もヨガ教室に通った経験はありますが、体が固くても大丈夫。
すごいポーズをとるのでは?と思ったりするものですが、できる範囲で大丈夫だと言われました。

普通のヨガでさえ、ポーズをとったあとは、どっと汗が出たりします。
激しい動きをしていないのになぜ?と思うほどです。
しかも、スポーツをした後って疲れた~と感じるはずなのに、スッキリした、気持ちよかったと思えるのだから不思議です。

自宅でもできるのが嬉しいですね。
ただしい体の伸ばし方など、やはりスクールで指導してもらったほうがいいですが、覚えてしまえば、いつでもできるのがヨガの良いところです。

ホットヨガとなれば、自宅では不可能な室温・湿度を保った環境でヨガを行えます。
女性なら、嬉しい効果が期待できるので、何かしたい!と思うなら、おすすめです。

ホットヨガの重要ポイントは呼吸

ヨガもそうなのですが、呼吸がとても重要です。
呼吸って普段は全く意識しませんが、それをすっごく意識するのです。

深く行きを吐いたり吸ったりすることで、頭にも体にも酸素がたっぷり巡ります。
呼吸は自律神経とも深い関係があるので、心の乱れも感情も整えられます。

よくドキドキ緊張したりすると、深呼吸して~なんて言われますよね。
呼吸は心にも影響を与えるわけです。
ストレス解消にぴったりですね!

しっかり汗をかき、呼吸で心身のバランスを整え、筋肉をほぐすのに最も適した環境で行うホットヨガ。ダイエットをしたい方にも、美肌や健康にこだわりをもつ方にもおすすめの運動です。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る