GS(グランドスタッフ)の仕事と子育ての両立について

私は現在、産休・育児休暇を取得中です。
グランドスタッフは人気の職種である一方で離職率も高く、長く続けていても結婚・出産のタイミングで退職する方は多いと思います。
ですが、最近では福利厚生を整え、女性が長く働ける職場になりつつあると感じます。

スポンサードリンク

妊娠中の業務について

グランドスタッフは空港によって異なりますが、大まかに早朝5時台から14時、14時から22時等完全シフト制です。結婚し妊娠が判明したとしても、基本的な業務に変更はありません。

ただし、手荷物受託で重い物を持つこと等配慮はされ、出来る範囲の仕事を行うようになります。私の経験からすると、小規模の空港になる程、業務に対し配慮してもらえる確率は高いように思います。

マタニティ用の制服はジャンパースカート


ちなみに妊娠中となると制服はどうなるのか良く聞かれますが、マタニティ用の制服が支給されます。私がいる航空会社の場合通常2色のブラウス・スカーフがありますが、マタニティ制服に関しては1色のみでジャンバースカートが支給されました。

ロビーに立つとすぐに妊婦と分かるのでお客様に逆に声を掛けてもらえたりと、妊娠中でも空港での仕事が気分転換になることも多くあります。

両立は可能。しかし家族の協力は必須

そして産休の取得についてですが、私の場合は上司への相談で、定められている産休開始日よりも1ヶ月早く休業という形で入りました。

子育てとの両立に関してですが、職場に育児休暇から復帰し通常のシフトに入っている方によると、託児所にお子さんを預けて仕事が終わるとお迎えに行き、日々旦那様の協力を得ているという事でした。

結婚し、どちらかの親、また配偶者が協力してくれる環境でないと両立は難しいと思います。
ただしグランドスタッフはシフト制の仕事な為、上司に相談しシフトの時間も多少は変更可能かと思います。

子育てと仕事を両立するには、どの仕事であっても女性は覚悟が必要かと思います。
航空業界であっても変わりありませんが、本当に誇りを持って出来る仕事だと思う以上、両立出来ると思います。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る