職種紹介:航空貨物 貨物が取り扱う物は多岐に渡る

航空貨物は、普段、一般のお客様が利用する事は殆どありません。
そもそも航空貨物の存在すらご存じないのではないでしょうか?

今回は、航空貨物という仕事についてご紹介します。

スポンサードリンク

航空貨物は割高である

通常は、貨物代理店と呼ばれる業者がお客様の荷物を事前に預かり、トラックで貨物上屋に搬入し、航空貨物担当者が荷物を受け、その後、旅客機及び貨物専用機に搭載して目的地へ輸送します。

もし一般のお客様が航空貨物を知っていたとしても宅配便で荷物を送るより料金が割高である為、直接利用する事をとまどうでしょう。

料金が割高であるが故に、一般のお客様にはあまりメリットはありませんが、どうしても荷物だけを緊急に送りたい時には、航空貨物を直接利用するとメリットを大きく感じると思います。

私は普段から貨物に関するお客様からのお問い合わせがあった場合でも航空貨物は割高である為に、積極的にお勧めする事はしませんでした。

取り扱う貨物について


航空貨物は、空港のカウンターのある旅客ターミナルビルとは別の場所に位置しており、航空貨物専用の建物で主に荷物の発送と受けの業務を行っています。

取り扱う物は多岐に渡り、例えば鮮魚、動物、医療用機器、ドライアイス等の危険物、生花並びに郵便等を日常的に取り扱っています。

またその物量や物の種類は空港の規模や地方特性によって様々で、成田空港等、大規模な空港ではF1等、車も取り扱います。

私が経験した貨物の中で一番気を遣った物は郵便です。
郵便は時間厳守の物が多く、飛行機への搭載忘れや飛行機からの取り卸しが絶対に許されないのです。

毎日のように多くの郵便を取り扱う為、気を抜くことが出来ません。確実な作業を実施する為に、二重、三重にも職員による確認を実施します。

ミスをした苦い思い出

しかし、その中でも1度だけ郵便物の取り扱いをミスしてしまった出来事が起こってしまいました。

それは到着した郵便の一部を郵便局員へ渡さなければならなかったのですが、コンテナーという飛行機に荷物を搭載する箱の隅に取り残してしまい郵便局員へ渡すことが出来なかったのです。

その時は全て渡したと思っていましたが、渡した1時間後にコンテナーから郵便物が発見されたのです。発見された時は青ざめました。

どうやってお詫びをすればよいのか皆で悩みましたが、そんなに悩んでいる時間はなく、郵便局へ連絡し、取り残した郵便物を急いで持って行きました。

数件だけ指定した時間に間に合わず、その事がトラウマとなり、私は郵便の取り扱いを避けるようになってしまいました。

それ以来、部署異動の時期で航空貨物から離れてしまいましたが、苦い思い出として今でも忘れる事はありません。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る