キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

女子大からグランドスタッフ(GS)になり一年目の経験談

  • 2019.1.15

私は都内女子大の英文学科を卒業して、日本の大手エアライン会社にグランドスタッフとして入社しました。私の入社年度は採用人数がかなり多くわりと入りやすい年だったと聞いています。

面接では、私が留学経験があると書類に書いていたため、そのことについてを中心に聞かれました。

少しですが英語面接もありましたが、あらかじめ練習しておけば問題なくこたえられるレベルかと思います。あまりイレギュラーなことは私の時は聞かれませんでした。

スポンサードリンク

入社してみたらキツイ毎日

憧れを持って入社しましたが、かなりの肉体労働ではじめは心が折れるような日々を過ごしました。

あらかじめ入社説明会の座談会などで先輩方からいかに仕事が体力勝負なのかは聞いていましたが、いざ入社してみると想像以上にキツイ毎日でした。

日々のシフトは定まらず、早朝シフトだったり遅いシフトだったり、バラバラです。

私は生理前症候群に悩んでいるのですが、入社してからは生活リズムがバラバラなため以前にもまして体調が悪くなりやすくなりました。そういう厳しさに耐えられずやめていった同期は何人もいます。

この仕事をやっていてよかったと思う瞬間

とはいえ、夢のある職業であるのはたしかです。
やりがいもありますし、入社して良かったと思うことも多いです。

私の会社は社員の福利厚生の一部として国内線なら無料で搭乗することができます。同期と一緒に予定を組んで、休みともなれば国内を旅行してまわっています。

この間は二日間の休みを使って一泊二日の弾丸沖縄ツアーに行ってきました!!

これを無料で楽しめるというのは本当にすごい。この仕事をやっていてよかったと思う瞬間です。

仕事をしていて面白いことも!

仕事をしていて面白いのは様々な国の人と交流することができることです。

最近はインド人のお客様を応対することが多いのですがあっけらかんとしてフレンドリーな方が多い印象です。

そのように多文化と関われるチャンスが多いのはこの仕事の最大の魅力ではないでしょうか。
見聞が広がり、飽きることはありません。

また、マナーに関しては研修などでかなり鍛えられるので転職しやすそうです。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る