キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

入社後の訓練について(体験談)

  • 2018.12.10

グランドスタッフに採用後、受ける訓練についてです。

私の場合は地方空港に採用されました。

地方空港の場合は、状況により実際に働く空港で全ての訓練を受けるか・主要空港で1ヶ月程度訓練を受けるかどちらかとなります。

採用後、訓練開始までには、空港等を表す3レターや、業界専門用語の資料を覚えるよう指示があり、初日の訓練で試験があります。訓練では、毎日テストを受け、インストラクターがマナーや行動、専門知識や機器操作、お客様対応の基礎やシュミレーションを行います。

また、アンチョコ(画面操作方法や運賃条件等、自分が見てすぐに分かるようにまとめたもの)を作成し日々訓練を受ける為、帰宅後就寝まで休む間もありません。

筆記や様々なシュミレーションの試験にクリアすると、次はOJTデビュー(インストラクターについてもらい実際にお客様対応を行う事)となります。

OJTは約1ヶ月あり、実際のシフトに入り1人で行動する為の訓練です。
カウンター、到着、搭乗業務等を経験し、不明点は明確になるまでインストラクターに確認し、次に繋げる毎日です。

約2ヶ月間インストラクターは厳しく指導を行い、時には硬い表情で訓練生に接します。
それは、実際のお客様は1人1人異なり、どのようなお客様に対しても落ち着いて対応する事が大切であり、その為の練習なのです。

当たり前ですが高い金額を払い航空会社を利用するだけ、お客様は十分な接客を求められます。

接客のプロ意識を持つ為の訓練は本当に大変ですが、自分が自信を持って働く第一歩です。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る