キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

快適な旅とはなにかを教えてくれたGSさんに感謝!

飛行機を仕事で利用する人の中には、単純に出張などの移動のために利用する人の他にも、旅行会社など飛行機の移動も仕事の一部という人もいます。

仕事ですから、忘れ物などうっかりミスをしてしまったら大変です。
一般利用客のように、しかたない・・・自分が悪いんだから・・・ではすませません。会社からは怒られますし、他の社員や一般のお客様に迷惑をかけてしまうかもしれません。

そんなうっかりミスをしてしまった時に、細かい配慮で対応してもらったら嬉しいと思いませんか?
実際にうっかりミスをして、GSさんに嬉しい対応をしてもらった時の体験談をご紹介します。

スポンサードリンク

ツアーコンダクターの私のある日の出来事

ツアーコンダクターです。
いつも航空業界の方にはお世話になっています。

仕事でよく飛行機を利用するのですが、ある仕事のとき搭乗証明書をグランドスタッフさんに発行してもらうことを忘れてしまいました。

団体旅行で飛行機を使用する際には、ツアーコンダクターが代表で搭乗証明書を受け取り、会社に提出しなければならないのですが、私のミスで行きの分の証明書をもらい忘れていたのです。
しかも二泊三日の仕事中、私はそのことに気がつきませんでした。

グランドスタッフさんの対応

気がついたのは帰りの飛行機に乗る前、行きの空港のグランドスタッフさんから携帯に直接電話をくださったからです。

気がついた私は大慌てでパニックでしたが、グランドスタッフさんは帰りの飛行機が到着したら、受付に顔を出してくれれば渡せる状態にしておくと言ってくれてとても助かりました。

帰りの飛行機も、無事空港につき出口付近のロビーでお客様に最後のお別れのご挨拶をしたときです。グランドスタッフさんがそっと声を変えてくれました。
お客さんがいなくなるまで待っていてくださったんです。

搭乗証明書を渡されたとき「いつもご利用ありがとうございます」と笑顔で対応してくださいました。

快適な旅とはなにか

会社に連絡すれば社の他の者が取りにいけたのに、わざわざ私個人に連絡してくださったのも、お客さんがいなくなってから声をかけてくれたのも、ツアーコンダクターとはいえ客には変わりないという姿勢を崩さず接してくださったことに、とても感謝しました。

会社に連絡されていたらすごく怒られていたでしょう。
業種は違いますが多くのお客様の旅をお供する自分の仕事もこんな風にありたいと目標ができた出来事でした。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る