キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CA(客室乗務員)は一体何ヶ国語話せるのか!?

  • 2018.4.26

「CAは一体何ヶ国語話せるのでしょうか?」とよく質問をお受けします。
エアライン受験をする方は特に気になるでしょうし、一般の方でも興味があるのでしょう。

その他、CAの体験談はこちらから
CAは英語がペラペラじゃないとなれないの?

GS(グランドスタッフ)に関しては過去の記事をご覧くださいね。
何か国語話せる?GSに語学力は必要?

スポンサードリンク

最低でも英語は必須!

エアライン受験の際に必ず英語の試験がある為、最低英語は皆さん出来るようです。

しかし、この出来る!にももちろん差があって、日系のエアラインは募集要項にTOEICの点数、600点以上受験可能などと記載されている場合がほとんです。

TOEIC600点というと、英検2級程度のレベルです。
英語力を証明してアピールするために資格取得されるのが英検2級です。

欧米やヨーロッパ系の外資系エアラインになると750点以上などの制限が設けられています。
それを熟知しているエアライン希望の受験生たちは大学時代に留学をして必死に英語力を磨きます。
それでも点数が伸びない場合は、駆け込みのTOEIC塾のようなところに行き、必死に点数を伸ばしていくのです。

つまり、航空会社の入社までに最低でも2ヶ国語(英語・日本語)は要求されるわけです。

ライバルは4ヶ国語話せる!?

しかし、最近では受けるエアラインによって中国語を求めてくるエアラインや、ドイツ語、フランス語、スペイン語を求めてくるエアラインも増えてきました。

そこで、受験生の中では、他の受験生より秀でた部分でアピールしたいという思いから、2ヶ国語のみならず3ヶ国語、4ヶ国語のトリリンガルやマルチリンガルが増えてきているのが現状です。

帰国子女やハーフの方も山ほど受験時にいるわけで、その中で勝ち残る為には片言程度挨拶できます!ではお話になりません。

そのため、留学(最低でも半年以上)した経験をアピールし、留学中も遊学することなく語学勉強に励むのです。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る