キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

アメリカ留学でわかった英会話上達の為の勉強方法2つ

アメリカに滞在して現在2年が経ちます。
その中で、英会話上達に関する感じた事や思った事をご紹介します。

スポンサードリンク

自分の意見を堂々と言えるようにしよう

アメリカでは、日本と違い結構オープンな感じの人々が多いです。
日本人はシャイな方が結構多いですが、アメリカではシャイな人々を少し奇行な目で見られる風潮があります。

そんなのは知ってるよ!自分は大丈夫!って思う方も多いでしょうが、日本ではハッキリ意見が言えるつもりでいても、アメリカに行くと萎縮してなかなか言えなかったり、シャイだと見られてしまうことは多いものなのです。

なので、そのような目で見られないようにする為にも自分をしっかりと持ち、自分の意見を堂々と人前で言う度胸が必要です。

英会話の上達法は、間違っていてもいいからとにかく話すこと

そこで、英会話はとても重要なツールになりますが、どうしたら上達するのか・・・
それは、とにかくネイティブの人々とたくさん会話をする事がポイントです。

喋れなくても良いと最初からわかってくれているなら、間違った文法を使っていたとしても相手の方とも話しやすいかと思います。

中にはお互いに通じず諦めてしまう方もいますが、根気のある方なら結構ゆっくりわかりやすく話してくれたりもします。

逆の立場で考えたら、わかりますよね。
日本で外国人の方から話しかけられたら、外国語がわからずに困ったな~と思っても、相手が一生懸命だったらなんとかしてあげたいと思いませんか?

そして、お互いに気持が通じ合ったら嬉しいですよね。

人様々ですが、日本でそう思うように、アメリカでも同じことが言えます。
根気のある方と会話を続けているだけでも英会話上達につながります。

そして、笑顔で感謝の気持ちを表現することを忘れないようにしましょう!

見て聞いて映画で英語に慣れる

次に英会話上達におすすめな勉強法は、たくさんの自分の好きな映画を観る事です。

最初わからない単語ばかりで聞き取りづらいかと思いますが、その場合に英語字幕を付けるのが最も効果的です。
そしてどうしても気になってわからない単語だけを辞書で調べます。

その単語を今度は自分が実践してみます。

言葉には流行り廃りがあるように、映画で使われる言葉も時代とともに変化しています。
慣れてきたら英語字幕をはずしてもう一回観てみるのもおすすめです。

映画を観る事で今現在使われている生の英語を聞き取れるようになり、会話にも役立ちます。
観た映画そのものが、話題のネタになって、話をもりあげる材料にもなりますよ。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る