キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

フィリピン留学でびっくり!スパゲッティが甘いなんて。。

人気留学先のひとつであるフィリピン。旅行でも行ってみたいと思う場所ですよね。
セブ島なんてすごい人気でしょう?

実際に行ったことのある方はご存知でしょうが、フィリピンの料理って甘かったりするのです。

スポンサードリンク

フィリピンの食文化

海外生活で戸惑うことの中の一つに、食事があるのではないでしょうか。
多くの人が感じることだと思います。

アジア圏は、お米を主食としていますし、味付けも比較的日本人好みということで、観光客なんかにもグルメツアーは人気ですよね。でもフィリピン料理ってあんまり聞いたことがない、という人も多いのではないでしょうか。

ここで少しフィリピンの食文化についてお話ししたいと思います。

フィリピンの主食は、日本と同じくお米です。
それは日本と同じなのですが、なんといっても驚くのは、食事の回数が多い!ってことです。

1日に5~6食は食べます。
これも暑い国でエネルギーを大量に消費することからきている生活の知恵かもしれません。

基本的に朝昼晩3度の食事はお米、それ以外にそれぞれ食事の合間に食べるおやつのような間食があります。

間食では、甘いものの他に、麺類などのお米以外の炭水化物もしばしば出されます。
例えばビーフンとか、パスタなんかがそうです。
フィリピンではおやつになってしまうのです!

おやつだから甘い!?フニャフニャのミートソース味パスタ

パスタは、主にミートソース味で出されることが多く、フィリピン人にはメジャーなおやつなのですが、これがとにかく甘い!
な、なるほど、、だからおやつなのか、と納得できる甘さです。

そして麺はかなりフニャフニャになるまでゆでられていて、アルデンテも何もあったもんじゃありません。これをフィリピンの人たちはスプーンでぶつぶつ切って、甘いソースと混ぜて食べます。

味は決して褒められたものではありませんが、現地では結構贅沢な部類に入るおやつなのです。

マックのメニューにも、ミートソーススパゲッティがセットになっているものもありました。ジョリビーというマックよりも人気の高いファーストフード店もあるのですが、こちらでも甘いミートソーススパゲッティやごはん、チキンを食べている人が圧倒的に多くて、ハンバーガーはどこいった?って感じです(笑)

もし現地で勧められることがあったら、一度試してみる価値はあると思いますよ!

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る