キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

イメージと違うGSの素顔。まるで体育会系部活のよう!?

  • 2017.11.23

姿勢が良く身なりもキッチリしていて空港で笑顔を振りまくGS。
きっとプライベートもキッチリしていて自己管理をしっかりしているんだろうなと思う方もいらっしゃると思いますが、必ずしもそうとは限りません。

私はがGSとして働き始めた頃も、今まで抱いていたイメージとのギャップに驚いたことを覚えています。

スポンサードリンク

サバサバ男前のようなGSが多い

まず、GSは意外と喫煙者が多く、休憩時間に喫煙室でタバコ片手に栄養ドリンクなんて同僚の姿を良く見かけました。

意外とGSになってからタバコを嗜むようになったという人も多く、不規則でストレスの溜まる仕事なだけこれは私も頷けます。
性格も女性らしい人が多いのかと思いきや、サバサバした人が多く、まるで体育会系の部活にでも所属しているかのような雰囲気をたまに感じました。

女性ならではのコソコソネチネチした感じがあるのではないかと入社前は怯えていましたが、私の勤務先の場合その心配はありませんでした。

仕事の合間の食事も野菜たっぷりで体を気遣ったランチをというよりは、ラーメンや焼肉、マクドナルドやカップラーメンなど、ジャンクフードやガッツリしたものを好む人が多く、量も食べる人が多かったです。

と言うのも、GSは本当に体力を使いますしストレスもありますので、とにかくお腹が空くのでたくさん食べないと持ちません。
食事の時間はつかの間のストレス解消の時間でもありました。

アクティブで活発な人が多い

そんなGSの休日はというと、活発な人が多いです。

まず、航空券の優待制度があるので、日帰りでも飛行機を使って同僚などと旅行に行ってしまいます。韓国旅行も日帰りでできると聞きました。

他にも習い事をしていたり、買い物や飲み合コンなど、休みは活動的に過ごしてストレスを発散しています。
仕事のなか日だって、しょっちゅう飲みに行ったり同僚をご飯を食べに行く人が多いです。

結束が必須の仕事だから絆が強い

私の勤務先では、社内の人間関係で色々あったりもしますが思っていたより複雑ではなく、基本的に同期、先輩、後輩関係なく仲が良かったです。

プライベートも社内の人としょっちゅう出かけたりするのですが、それがストレスになることはまずありませんでした。

GSの仕事は思っていたよりも複雑でクレームやイレギュラーなど予想外のことがしょっちゅう起こるので、皆が結束しないとやっていけない激務でした。なので、プライベートでも絆が強く、お互い素の自分を見せることができるのかなと思います。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る