キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

日本の航空会社は素晴らしい~お客様体験談【13】~

今回は、仕事をするという立場で改めて考えさせられる体験談をご紹介します。

どんなお仕事でも、必ずその先にはお客様がいます。
客様とは接することのない部署や業種もありますが、行っている仕事は必ずお客様へとつながっているものです。

心を込めて接客することの大切さを再確認できた思い出です。

スポンサードリンク

国によって異なる態度

よく旅行に行く機会があり、様々な航空会社を利用させていただいてます。
その経験でまず思うのが、国によって対応の仕方が全然異なるということです。

母国語を使えるからというのもありますが、やはり日本のCAさんの対応の仕方には頭が下がります。
普段の業務に加え細かいところまで気づいてくださったり、一言一言声かけてくださる言葉にも心遣いや優しさが感じられると思います。

しかし言葉以外でも優しさ、心遣いは伝わると私は考えています。

相手への伝わり方

他国の言葉がわからないというのもありますが、言葉以外に仕草や表情からも優しさ、心遣いは伝わります。

私は介護職ですが、伝える手段は耳からのみではないということです。
声掛けするにも表情からも笑顔で行う、行わないで同じ言葉で声掛けでも相手に伝わる感情は異なります。

さらに仕草からも乱暴であったり丁寧であったりと異なるだけで相手の感じる気持ちはもちろん変わってきます。

心からの接客を

どの仕事も同じだと思いますが、早く仕事ができれば優秀というのは間違っていると思います。
どの職種も相手があってのお仕事です。
言うならばお客様から見て私たち職員はいくらでも代わりがいる存在で、誰でも行えます。

しかし私達からしたらお客様がいなければ務まりません。

その気持ちを忘れず業務に当たるには言葉のみならず態度、表情等の非言語的コミニュケーションも求められるということです。
そのように考えると他国に比べ最後の最後まで空港利用者を快適にお送りする日本の航空会社はとても素晴らしいと思います。

今後とも利用させて頂きたいと心から感じます。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る