キャビンアテンダント専用総合情報コミュニティサイト「Reisa FLIGHT ATTENDANT Community」

Reisa-CA・GS情報

CAに憧れて・・・ある出会いがきっかけで航空会社を受験する予定

子供の頃に、大人になったら◯◯になりたい!と誰もが一度は思ったことがあるでしょう。

しかし、年齢があがっていくたびにその思いはどこにいったやら・・・
なりたいものが見つからなくて進路に悩んだり、目標はあるものの迷ってしまったりするものです。
そして、何らかの出会いによって迷いが晴れることもあります。

私もあるきっかけで、憧れていた夢を実現する決意ができました。

スポンサードリンク

とあるCAさんとの出会い

いつも飛行機に乗ると、ブランケットや飲み物などを配り、細かな配慮をしながら常に笑顔で美しく振る舞う姿に憧れてを持っていました。

高校の2年生で進路を迷っている頃、1人で飛行機に乗った際に、綺麗な若いCAさんに、ずいぶん迷いましたが「どうすれば、CAになれますか?」という質問をしたことがあります。

漠然と何をすればいいのかよくわからなかったので、困るかなぁと思いながらも、聞いてみたのです。

すると、その、若いCAさんはちょっと待っててと裏方に行きました。

CAさんが私にくれたメッセージ

しばらくすると戻ってきて、名刺サイズの用紙にURLとメッセージが書かれたものを渡してくれました。「着いたら検索してみて下さい。」と教えていただきました。

検索するとCAについて詳しく書かれたページがありました。
CAになるために必要なスキル・身長や体型など事細かく書かれていて、自分の目指したい道が何となく見えてきた気がしました。

進学する先もこれをきっかけに絞れてきました。
というか、そのCAさんの対応から、漠然としていた憧れがハッキリした目標になったような気がします。

そして、小さなころから憧れていた客室乗務員という仕事を目指そうと決意したんです。

そして今の私

現在、大学では外国語や外国文化などの勉強をしています。あの時のCAさんが教えてくださったサイトに、必要なスキルに外国語が堪能なことと書かれていたためです。

来年は、就職活動を始め航空会社を受験する予定です。

もし、あの時、CAさんがあそこまで対応してくださらなければ、こんな風な進路に歩むことはなかったかもしれませんし、目標にして目指そうと決意もしなかったはずです。

あの時も今も、細かな気配りができる、機転の利く人でなくてはCAにはなれないのだと思っています。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る